1. ハコスカ ケンメリ完全オリジナル車とモディファイ車の2極化。

マガジンブログ

Rocky Autoが定期配信する
Rocky Autoマガジン。
旧車の魅力や歴史について
配信していきます。

BLOG

ハコスカ ケンメリ完全オリジナル車とモディファイ車の2極化。

2019.03.05
ハコスカ ケンメリ完全オリジナル車とモディファイ車の2極化。

スカイライン フェアレディーZは
最近特に金額が高騰してる中で感じることが
お客様の選択肢が2極化しているということです。


完全オリジナル車の存在も
どんどん少なくなっていますので
超希少な車ですので状態を保存しながら
後世まで生かしていくことが
ベストな選択ではないかと私は考えます。


昭和46年7月 スカイライン 2HT GT-Rの詳細はこちらになります。

ワンオーナー 完全ノーマル車は
なかなか存在する車両ではないと思います。

当社にもワンオーナー・完全オリジナル車の
ハコスカ KGC10も在庫がございます。

ノスタルジックヒーローの表紙に掲載されても
いいのではないかと思える状態にて現在もいきてます。


昭和47年2月 スカイライン2HT GT フルノーマル ブルーメタリックの詳細はこちらになります。

また2オーナーになりますが
大切にガレージにて30年間
保管されていた完全ノーマルの
45年ハコスカGTも在庫をしています。

30年間保管されていましたので
当社に入庫後、走行できるように
かなり手を入れましたので
販売させていただく準備も整いました。


ナンバーも当時のナンバーが生きていましたので
30年間で自動車税だけでも
100万以上の金額を払い続けて
いかされていましたので
当社としても車検を受けて
ナンバーを継承できるようにして
生かして保存をしています。


完全ノーマル オリジナル車は
一切改造せずに保管していますので
オリジナル車をお探しのお客様は
是非この機会にお声掛けいただければ幸いです。


完全オリジナル車を紹介させていただきましたが
正反対のモディファイ車の需要も
爆発的に多くなってる事も事実です。


旧車のハコスカのスタイルをそのままに
エンジンを現代の道路事情にあった
乗りやすい旧車をお求めのお客様も
非常に多くなってます。


昭和46年11月 240ZG RB25DETパドルシフトの詳細はこちらになります。

ロッキーオートのホームページを
いつもご覧いただいてると
ご理解頂けると思いますが
RBエンジンを搭載したハコスカ ケンメリのリーズナブルな車が
最近特に売約済みになってることがわかると思います。


昭和53年4月 フェアレディーZ V8 1UZの詳細はこちらになります。

乗りやすいハコスカ ケンメリは
いつも人気は高いです。

お客様は乗りやすさを求めて
また乗れる旧車を望まれてるというお話は
昔から良くお聞きしていますが
最近堅強に販売車を見てていただくと
あらわれている内容ではないかと感じます。


今はまだ比較的寒い日も多いので
水温等の問題もないと思いますが
真夏の水温計と睨めっこしながら走るのも考え物ですし
また安心してハコスカ ケンメリのスタイルで
乗りたいという希望は
誰でもお考えではないでしょうか。


昭和49年11月 スカイライン2HT KGC110 RB26DETT ケンメリの詳細はこちらになります。

誰もが憧れる旧車・ビンテージカーを
ストレスなく走らせたいという事を
皆様思ったことがあると思いますが
その内容を現実にできるエンジンが
RBエンジンであり
スワップに行きつくと思います。

旧車のスタイルをそのままに所有して
快適にドライブしているお客様だけが感じる
優越感があってもいいのではないでしょうか。

記事一覧に戻る

完全予約制

CONTACT

RockyAutoへのご来店は
完全予約制となっております。

ご来店の際は必ず事前に下記より
ご予約をお願いいたします。
又、お見積もり、お問い合わせ、お車に関する
どんな些細なご質問でもお答えいたします。

We can only correspond
in Japanese language.
Foreigners who can speak
Japanese or have an interpreter
please contact us.

トップページ
RockyAutoについて
店舗案内
受注生産icn
Rocky3000GT 現代版ケンメリGT-R
在庫一覧icn
スカイライン フェアレディ クラシック
エンジンicn
RBエンジン搭載車ができるまで RBエンジン Lエンジン S20エンジン Vエンジン
Rockyマガジンicn
記事一覧 フォト一覧 ムービー一覧 メディア一覧
レンタカー
売却のご相談
よくある質問
お問い合わせ
backtotop