1. 2019年ロッキーオートカレンダー完成です。スカイライン50周年記念ハコスカ ケンメリ

マガジンブログ

Rocky Autoが定期配信する
Rocky Autoマガジン。
旧車の魅力や歴史について
配信していきます。

BLOG

2019年ロッキーオートカレンダー完成です。スカイライン50周年記念ハコスカ ケンメリ

2018.12.11
2019年ロッキーオートカレンダー完成です。スカイライン50周年記念ハコスカ ケンメリ

来年のカレンダー完成いたしました。

スカイライン50周年に向けて
ハコスカ GT-R KPGC10 
ケンメリ GT-R KPGC110になります。


またRocky3000GTバージョンも
完成いたしました。

R3000GTも多々納車を
させていただいてますので
ご覧になられたお客様も多い思いますが
名車という言葉がぴったりくる
流れるようなラインが素晴らしい
TOYOTA2000GTが現代の技術で蘇った
R3000GTのカレンダーです。


カレンダーをご希望のお客様はお問合せフォームより
【 枚数 】 
【スカイラインバージョンかR3000GTバージョン】
どちらをご希望が
記入していただき
オーダーください。
カレンダー 1枚 ¥1.000 
佐川急便の着払代引で発送させていただきます。
代引き手数料はご負担いただきますようお願い致します。


お問合せフォームはこちらになります。

Rocky3000GTも開発から
早いものでもう3年の月日が過ぎまして
開発当初の思いが多々蘇ってきます。

この現代版トヨタ2000GTを
復活できたのも
元TEAM TOYOTAのキャプテンである
細谷四方洋さんの協力があってこそ
完成させていただく事ができた
素晴らしいTOYATA2000GTで
現代の道路事情でも問題なく乗れる
R3000GTは完成いたしました。


TOYOTA2000GTは
50年前トヨタ自動車が開発されて
その部署は河野さんが主査で
河野さんを中心に
6名の方々で
1番最初のチームが結成されて
その中の一人が細谷さんでした。


思えば現代版TOYOTA2000GTとして
Rocky3000GTの発表会をさせて頂いた時
細谷さん
高木さん
松田さんと
当時の開発メンバーの
現在も活躍されてる方々が
駆けつけて頂いた事は
どれだけ大きなことだったのか
はかりしえないことでしたので
感謝感謝です。


エンジン設計の高木さんは
R3000GTをご覧になられたとき
TOYOTA2000GTに
6気筒エンジン搭載するにあたり
狭いエンジンルームに
もの凄いご苦労されて搭載したお話を
直接していただきありがたく感じました。

狭いからやもえず両サイドを開放して
バッテリーはサイドボックスの中に収めるなど
スペースの難題などすべてクリアして
完成させることで
奇跡のトヨタ2000GTは
生まれてきたそうです。


またその後は谷田部にて
スピードトライアルという
凄いチャレンジをされて
世界記録を樹立されたのも
細谷さん率いるTEAM・TOYOTAの方々の功績であり
今も伝説的なお話として現代に引き継がれているわけです。


TOYOTA2000GTは流れるような
素晴らしいラインにより構成されていて
今の時代にも充分通用する
素晴らしいデザインです。

当時、野崎デザイナーが
魂を込めて引かれたラインですので
私共もその野崎ラインを崩すことなく
忠実に守りながら
現代版として頑張らせていただき
Rocky3000GTのラインも
完成させていただく事が出来ました。


今後もTOYOTA2000GTの伝説は
後世まで続いていくと思いますので
開発された方々の思いを
再度振り返り恥じない車を
製作していきたいと思います。


TOYOTA2000GTの50周年は過ぎましたが
来年はスカイライン50周年の
年を迎えますので
ハコスカ GT-R KPGC10 
ケンメリ GT-R KPGC110に
注目が集まるのではないかと思います。


スカイライン GT-Rも
昭和のスポーツカーとして
1番の代表車ではないかと思います。

誰もが憧れたハコスカ GT-R 
ケンメリ GT-Rが
今でも存在してますので
古き良き時代のGT-Rを所有される方々が
多くなってきたと感じます。


海外を含め最近特に
日本の旧車に注目が集まっていますが
発端はTOYOTA2000GTから始まり
ニッサンではスカイライン GT-Rが特に注目です。


スカイライン ハコスカ GT-R KPGC10 
ケンメリ GT-R KPGC110の在庫も
多々ありますので
是非ご覧いただければ
納得のGT-Rが存在してます。


スカイライン GT-R KPGC10 2HTの詳細はこちらになります。  

------------------------------------


スカイライン GT-R 2HT KPGC110の詳細はこちらになります。

ハコスカ GT-R ケンメリ GT-Rの
楽しい思い出があるからこそ
現代に通用するレストモットや
エンジンスワップをして
楽しく乗れる旧車のオーダーが
最近特に多いです。


旧車は好きだけど
手のかかる車や故障する車は
欲しくないなど
いろいろなお話をお聞きします。

やはりお客様は
旧車のデザインは一切崩さずに
中身を最新の技術で仕上げた
ハコスカ
ケンメリ
240ZG等を
希望されています。


50年前とは大きく道路事情も変わっていますし
何より今年のように
外気温が昔より
数度高くなってる事と渋滞が
旧車の当時のエンジンでは
耐えられなくなってきてると思います。


そこでRBエンジンは
部品供給もよく
エンジン設計も平成の時代ですので
オーバーヒートの心配も無いので
オートエアコンを搭載して
東京都内を走っていただくことが
可能なエンジンだと思います。


フジTVの企画で
野生爆弾のクッキーさんとロッシーさんにて
ロッキーオートで
『クッキー車を買う』という企画で
TV撮影でした。[b:

[b:
やはりクッキーさんも
都内を走られるという事で
エンジンを最新の物に
スワップした旧車を
絶賛されてました。


ノーマルの旧車の価値をわかった上で
レストモットの旧車である
スカイライン・フェアレディーZが
存在致しますので
押し売りではなく
選ばれるのはお客様の好みで
お客様の求める旧車が
1番ではないかと常に考えてます。



旧車のスカイライン 
フェアレディーZのスタイルをそのままに
乗りたい時に気軽に乗れる旧車は
最高に気分の良い車ですので
所有されているお客様は
楽しい旧車ライフを
過ごされることと思います。


プリンス グロリアの詳細はこちらになります。

ハコスカバンの詳細はこちらになります。


今の世の中、昔のように
エンジンと常に向き合い
プラグを確認して
キャブをセッテイングして
車の面倒を常に見る時間を
取りづらいお客様も多く
だからこそ
最新エンジンで手のかからない
旧車のスカイライン フェアレディーZの存在が
大きくなり需要も多く
市民権を得た旧車として
存在してきたのではないかと思います。


最近特にいろいろな全国紙を見ますと
やはりエンジンスワップ
レストモットのフレーズが
非常に多く雑誌に登場してくるのも
エンジンコンバート
エンジンスワップの需要が
多くなってきた
表れではないかと思います。


今年も残り少ない日となりましたが
年内納車の車両の仕上げを最優先にて
頑張ってますので
宜しくお願い致します。

また来年の最新の旧車も
着々と進めてますので
是非ご期待ください。













記事一覧に戻る

完全予約制

CONTACT

RockyAutoへのご来店は
完全予約制となっております。

ご来店の際は必ず事前に下記より
ご予約をお願いいたします。
又、お見積もり、お問い合わせ、お車に関する
どんな些細なご質問でもお答えいたします。

We can only correspond
in Japanese language.
Foreigners who can speak
Japanese or have an interpreter
please contact us.

トップページ
RockyAutoについて
店舗案内
受注生産icn
Rocky3000GT 現代版ケンメリGT-R
在庫一覧icn
スカイライン フェアレディ クラシック
エンジンicn
RBエンジン搭載車ができるまで RBエンジン Lエンジン S20エンジン Vエンジン
Rockyマガジンicn
記事一覧 フォト一覧 ムービー一覧 メディア一覧
レンタカー
売却のご相談
よくある質問
お問い合わせ
backtotop