1. S37 クラウン RS31
クラシック その他

S37 クラウン RS31

昭和37年 ライムグリーン

車両に関するお問い合わせ

仕様 RS31
エンジン その他
排気量 1900cc
年式 昭和37年
カラー ライムグリーン
装備  
価格 598万円(車両本体価格)

1955年1月に発表されたクラウンは、戦後トヨタの礎であると同時に、戦後初の本格的乗用車である

俗に「観音開きのクラウン」と言われる通り、初代クラウンは外観的には観音開きの左右ドアが特徴で、

強度保持のためセンターピラーを残しているためピラーレス程の解放感はないものの後席に乗降しやすいことがメリットだった


★1960年(昭和35年)10月、小型車枠が1500ccから2000ccに引き上げられたことに伴い、

90ps 3R型エンジン搭載 最高速140km/hの1900ccデラックスRS31型が追加された。

RS31型の登場と同時に従来の1500cc RS21型デラックス・RS20型スタンダードも新しいRS31型に準じて

フロントグリル・サイドモール・ダッシュパネル変更等によるマイナーチェンジがされた。

デラックス車(RS31・RS21)のフロントグリルにはフォグランプがビルトインされた。

1962年(昭和37年)9月に2代目40系クラウンがデビューするまで生産された。

Wikipedia 一部抜粋



15年近く前にフルレストアされて

ガレージにてそのまま保管されてたクラウンです。

しっかりレストアされたクラウンです。

ガレージ保管中エンジンは始動してませんので

メンテナンスしてからの始動をお願いしたいと思います。

車両に関する
お問い合わせはこちらから

完全予約制

CONTACT

RockyAutoへのご来店は
完全予約制となっております。

ご来店の際は必ず事前に下記より
ご予約をお願いいたします。
又、お見積もり、お問い合わせ、お車に関する
どんな些細なご質問でもお答えいたします。

We can only correspond
in Japanese language.
Foreigners who can speak
Japanese or have an interpreter
please contact us.

トップページ
RockyAutoについて
店舗案内
受注生産icn
Rocky3000GT 現代版ケンメリGT-R
在庫一覧icn
スカイライン フェアレディ クラシック
エンジンicn
RBエンジン搭載車ができるまで RBエンジン Lエンジン S20エンジン Vエンジン
Rockyマガジンicn
記事一覧 フォト一覧 ムービー一覧 メディア一覧
レンタカー
売却のご相談
よくある質問
お問い合わせ
backtotop